でにろんの食品スーパー日記

でにろんの食品スーパー日記

いらっしゃいませ!大卒で食品スーパーに就職しました!

スーパー店員が食パンに泣かされた理由

f:id:Deniro1:20170214012724j:image

どうもでにろんです。

 

食品スーパーにおいて、食パンは数多くある商品の中で、かなり重要な位置にいます。

 

どれくらい重要かって、お店で切らしたら店長にブチ切れられて、近隣のお店から貰いに行かなければならないくらい重要なんです。

 

そう、絶対に貰いに行かなければいけません。

 

理由は、食パンは各家庭の朝ごはんに登場する確率がとても高いため、欠品するとクレームの嵐と共に、一発で信用をなくされてしまいます。

 

かといって、賞味期限が長くない食パンは、多すぎず少なすぎの発注をしなければならない、本当に担当者泣かせの商品!

 

まさか自分が人生で食パンに泣かされる日が来るなんて、想像もしてなかったです、、、、。

 

店長から一本の電話

 

事の発端は日曜日の1番忙しい14時頃、店長から一本の電話がありました。

 

店長「おーい、このままだと食パン16時にはなくなるぞ?」

 

パンの発注担当のパートさんにイライラしながらも、近隣の店舗からサクッと貰ってこうと軽く考えていた僕は、「取りに行ってきます〜」とボロボロの店専用車に乗り込み店を出ました。

 

たびかさなる不運

 

困ったらいつも商品を分けてもらう大型店に、「食パンを分けてください〜」と電話をしたら、

大型店店員「ごめん、今日は余りがないんだよね。」

と断られてしまいました。

 

まあ断られる事は慣れていたので、2店舗目、3店舗目と電話を掛けるも撃沈。

 

しかし、諦める事は許されない食パン、店専用ボロボロ車の車内で懸命にクレクレ電話をかけていました。

 

焦りと、店舗への距離だけが大きくなっていき、7店舗目当たりから片道1時間を超え始めました。

 

それからOKが出たのは11店舗目のお店、良かった良かったと安心して、ナビに目的地を入力すると、

 

ナビ「トゥーン♫およそ2時間かかります♫」

 

おいおい往復4時間か、、、。店長に事情を説明して無しにしてもらおうと思い、電話をかけるも。

 

店長「行け」

 

の一言で食パンのためだけに出発する事に。

 

ボロボロ車の恐怖

エンジンをかけていざ出発すると、オンボロエンジンから

 

車「ぶおおおおおおおおん!!!!」

 

と聞いてはいけない音が車内に鳴り響く、しかも、足回りに異常があるみたいでガタガタと揺れてメチャクチャ怖い、普段2000ccのセダンタイプに乗ってる事もあって、軽のボックスの乗り心地の悪さに驚きました。

 

高速道路中はずっとこの騒音と付き合いつつも、食パンのためにアクセルベタ踏み。

 

下道を少しだけ走るように用意されていたボロボロ車は、高速走行で悲鳴をあげていたんですね。

 

なんやかんやで店に到着し食パンをゲット。

 

ようここまで来たなと、ハゲの先輩から奢って貰ったコーヒーを片手に、自分の店へ向かいました。

 

帰る頃には、夕方に差し掛かっていて景色がとっても幻想的、君の名はのアルバムをかけながら運転していると、

 

イライラを通り越し、何しているんだろうとポロポロと涙が、、、。

 

疲れていたんですね。

 

自分の店に戻ると、案の定食パンの残りは3斤、自分が運んで来た食パンを出すやいなや、お客さんが飛びついてきました。

 

お客さんが嬉しそうに食パンをカゴにいる姿をみて、ボロボロ車の恐怖に打ちひしがれながら、運転した4時間は無駄じゃなかったんだと、感動さえ覚えました。

 

しかし私は、

 

あの日以来食パンを食べていません。