でにろんの食品スーパー日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

でにろんの食品スーパー日記

いらっしゃいませ!大卒で食品スーパーに就職しました!

ペヤングやきそばチョコソースギリを店員目線で評価する

f:id:Deniro1:20170122221644j:plain


どうも、でにろんです。


マルカ食品から、「ペヤングやきそばチョコソース ギリ」が発売されました、私の店頭でも168円(税込181円)で販売しておりますが、一週間経っても3つしか売れてない!!


こんなに売れないカップ麺は珍しいぞと、真相を確かめるべく恐る恐る試食した。


一口食べた瞬間に、

「こっこれはダメだ、、、。」


世に出してはダメな味だと悟った。


売れないのはマズイせいだなと納得した。


でも、そんな簡単に片付けては面白くない!なぜ売れないのか、店員目線で物申してやる!



明星一平ちゃんの二番煎じ


人が商品を買うときは、

・初回の試し買い

・リピーター買い

の2通りしかない事を頭に入れておいて欲しい。


今回のペヤングチョコソースは新発売なので、初回の試し買いになる訳だが。


去年の同じ時期に明星食品から、一平ちゃんチョコソースが発売されている、去年は目新しさでそれなりに売れたが、今年はまずいという悪評が広まり切っているから、同じフレーバーじゃかなり厳しい。


つまり、お客さんにとってはチョコソースのやきそばは試し買いという感覚が薄れているのだ。


何事も二番煎じは一番やってはいけない!


どうすれば売れたの?


今回は新商品なので、リピーター買いではなく初回の試し買いに焦点を当てて見ていこう。


実は新商品の味はそんなに関係ない、ましてや継続して売ってく商品ではなく、一発モノの商品の場合は特に関係ない。


新商品で、売れるか売れないかを決めるのはイメージだ。


①見た目に目を引く

②宣伝(CM、テレビ、バナー)

③口コミ(友達、ツイッター、ブログ)

④店頭への露出


ペヤングチョコソースは①③④をクリアしていて話題になっているが、二番煎じと強烈なマズさで③を通して悪評が広まりすぎている。


あなたも、気になるけど買わなかったのではないだろうか?


チョコソースという路線で勝負をかけるなら、二番煎じ感を無くす売り方をするべきだった。


例えば、

・チョコソースなのに激ウマ!!

・高級チョコを使ってます!

・ドロドロレベルでチョコを入れる


などなど、試し買いをしたいと思わせる売り方をすれば、ネット、テレビ、口コミを通して買ってみたい!!!と思うはずだ。


現時点では、去年もでていたからと飽きられているし、ネットで調べてもやっぱりまずいんだと素通りされるだけだ。


それでも食べてみてほしい


こんだけ悪評を書いといて何なんだよと思うかもしれないが、是非食べてみてほしい。


新製品はカップラーメン問わず、一年で100種類以上は食べているが、ここまでええんかと思った商品は初めてだ。


私の意見を思い出しながら食べると、より面白いのではないだろうか。


まとめ

・明星一平ちゃんチョコソースの二番煎じだから売れない。

・新商品はイメージが大事、ペヤングチョコは弱すぎた。

・ここまでヤバイと思った商品は初めて、是非食べてほしい。